間伐と伐採の違いやメリットについて知ろう

間伐とは?

間伐とは、生長途中にある木を間引いていくことを指していますが、主に木が密集しすぎている場合に行われます。木がしっかりと生長できるスペースを確保するという目的があります。ここからは、同じような意味で使用されることが多い、間伐を伐採の比較をしていきます。

間伐と伐採の違い

間伐

間伐は木を間引いていく作業工程のことを指しています。なので、伐採に比べて狭い意味で使われます。

伐採

伐採は木を切るという作業という意味で使用されるので、間伐に比べると広い意味で使用することができます。

間伐と伐採の違いやメリットについて知ろう

樹木

間伐を行うメリット

間伐は混みすぎた森林を適正な密度に戻しますが、それにより木がしっかりと生長してくれます。形質の悪い木に育ってしまうことを防いでくれます。形質のいい木は高値で取引されるので、木を売る際に利益が大きくなるというメリットもあります。

間伐

自分で間伐を行うことは可能なのか

間伐は一般的に専門業者に依頼します。森林など木の多い場合は、伐採するのが大変なので、複数人で行った方が早く終わります。また、専門業者は間伐をするための器具を持っているので、効率的に作業が進んでいくでしょう。規模が極端に小さい場合を除いて、間伐は専門業者を利用した方がいいでしょう。

専門業者を利用する時の流れ

男性

業者選ぶ

始めは利用する業者選びから始まります。間伐を行っている業者はたくさんあるので、その中からいくつか優先事項を決めて選ぶといいでしょう。例えば費用の安い業者を優先したり、作業人数が多い業者を優先することで、いくつか業者を絞れるでしょう。

問い合わせ

利用する業者が決まったら、次は問い合わせを行います。問い合わせでは、依頼する作業内容や下見の日を決めます。都合が合う日を話し合って決めましょう。

下見

問い合わせで決めた下見の日になると、業者のスタッフが下見をしに来ます。現場の状況を確認して、大まかな見積もりを出します。それと同時に作業が完了する期間や動員する人数などもスタッフと話し合って決めます。

作業開始

間伐に掛かる期間は、規模によって大きく変わります。規模が大きい場合は、数カ月という期間を要する場合もあります。また、大雨が続いたりすると、土砂崩れの危険があるので、作業ができなくなることもあります。トラブルが起きるとさらに期間が延びるので、余裕を持って作業していきましょう。

作業終了

全ての劣勢木などを間伐したら、作業終了になります。掛かった費用を支払って、間伐は終了となります。業者によっては作業前に見積もりの数割前払いすることもあります。