剪定を行う目的や必要性について確認しましょう

剪定とは?

剪定はとは生長していく樹木を整えることですが、剪定を行う目的はたくさんあります。ここからは、その目的を見ていきましょう。

剪定を行う目的

  • 景観が整う
  • 木の生長を抑えられる
  • 落ち葉を減らすことができる

剪定を行う目的や必要性について確認しましょう

剪定

剪定の必要性

剪定をすることにより木の生長を抑えることができますが、なぜその必要があるのでしょうか?お庭で木を育てている方は、限られたスペースで育てていくので、どんどん成長していく木を放っておくと、予想以上のスペースを取られてしまいす。それを防ぐことができます。

作業員

健康を保てる

剪定を行うことで、木にしっかりと太陽光が当たるようになります。それにより、木のが健康に育っていくことができます。

園芸用品

庭にマッチした木を作れる

木は生長していくと、必ず形がどんどんと不均一になり、しっかり手入れされた庭に似合わなくなっていってしまいます。剪定を行うことにより、庭にマッチした木にすることができます。

剪定

剪定を行う時期

剪定には、適した時期というのが存在します。ですが、この剪定の時期は、基本剪定か軽剪定かによって変わってきます。更に剪定を行う木の種類によっても変わるので、気になる方は調べてみるといいでしょう。木はデリケートなので、間違った時期におこなうと、枯れてしまう原因にもなりかねないので、気を付けましょう。

知識と経験が必要

剪定を行う時期でも説明しましたが、剪定には木に関する豊富な知識が必要になります。なので、剪定をしたことが無い人は、しっかりと知識を身に付けてから行うようにしましょう。