女性

安全な野菜にするためにしっかり専用洗剤で洗おう!

自然由来で安全安心

野菜

野菜用の洗剤はホタテの貝殻などの自然由来の原料で作られており、界面活性剤を使用していないのがポイントです。1リットルの水に1〜2gの洗剤を溶かし、5〜10分ほど野菜をつけ置きします。その後流水で洗い流します。長時間つけ置いても洗浄効果は変わらないため、5〜10分で取り出すと良いでしょう。

健康を考えて商品を選ぼう

ウーマン

野菜洗剤は多くの種類があります。この多くある商品の中から選ぶポイントとして、安全性、効果、信頼性、使い方などがあります。ポイントをよく確認して良い洗剤選びをすることが大切です。野菜洗剤を使って家族の健康を守りましょう。

安全に農薬を除去しよう

調理

野菜の洗剤は、水洗いだけでは落としきれない、野菜に付着した残留農薬や食中毒菌を除去するのに非常に役立ちます。洗剤自体も植物由来の成分などで作られていることが多く、万が一口に入っても安心安全なようにできています。ぜひ使ってみてください。

残留農薬を落とすには

女の人

普段何気なく食べている野菜には、実は大量の残留農薬があるといわれています。特に輸入品にその傾向は顕著で、そのような残留農薬は水洗いしただけでは落とすことができません。残留農薬は体内に入ると蓄積していき、様々な疾病や不調を引き起こすといわれています。そのため、近年では野菜に使用する洗剤が注目を集めています。洗剤といっても、ホタテなどの貝殻から作った天然由来の成分が中心で、非常に安全性が高いものです。野菜用の洗剤はそのまま口に入れても安全なほどなので安心して使うことができます。野菜用の洗剤が選ばれているのは、野菜を安心しておいしく食べることができることと、食材全般の殺菌、保存に使用できる点などが大きな理由です。洗剤に野菜や果物を浸しておくと農薬が水中に浮き出てきます。農薬を落とすと、安心して食べられるだけでなく、農薬の油分でコーティングされていた野菜が本来の味わいを取り戻すためおいしく食べることができます。また、肉や魚、豆腐、米といった食材全般の殺菌に使用できるため様々な食材の安全性を向上させ味を改善することもできます。さらに殺菌効果もあるため、まないたやシンクなどの殺菌にも使用できます。安全性が高いため、やっきになって落としたりする必要がなく安全なのも大きなメリットです。また、保存するとき使用するのも効果的です。野菜はシャキシャキの状態で長持ちするので長い間おいしく食べられます。このように野菜をおいしく安全に食べられるのが大きなメリットといえます。